どれくらいからが借り過ぎになるのか

MENU

どれくらいからが借り過ぎになるのか

源泉徴収不要キャッシング

消費者金融を利用するための注意点として、借り過ぎをあげることができます。では、返済額がどれくらい以上になったなら借り過ぎだと注意しなければならないのでしょうか。よく引き合いに出されるのが家賃です。自分が無理することなく生活ができる家賃の判断基準として、月給の3分の1あげる方がいます。

 

これは、ファイナンシャルプランナーなども推奨していることなので、それなりに根拠のあることです。生活に絶対必要なお金が3分の1、家賃が3分の1として、返済に回せるお金も同じく3分の1くらいというのが妥当な線です。そう考えれば、月間の返済額が月収の3分の1を超えたなら要注意ということになります。

 

もし、月間の返済額が月収の3分の1以上になるようなら、借入金額を調整する必要があるでしょう。それができないようであれば、債務整理も念頭に置いて考える必要があります。自分が借りたお金は、自分で返済するのが原則ですが、借入額が多すぎる場合は、そのまま放置していては借入額がさらに増えていくだけです。自分で返済しようと努力するのは大切ですが、周りに迷惑をかけないためにもある程度のところで区切りをつけなければいけません。そのようなことにならないように、消費者金融を利用する時は、借り過ぎに注意しなければならないのです。手軽に利用できるだけに、ついつい借りてしまうという方もいるでしょうが、返済する時のこともできるだけ考えてみてください。